PHYSICAL PHOTOGRAPHY = Nurture

 

nurture | ˈnəːtʃə | noun

1. the action or process of nurturing someone or something: the nurture of children.

2. upbringing, education, and environment, contrasted with inborn characteristics as an influence on or determinant of personality: we are all what nature and nurture have made us.

 

つまり、「育てる」ということ。

 
 
 
 
盆栽f.jpg
 
ChapterTwo.png

 
 
マテリアリズム プロジェクトが 使用する古典写真技法は全部で3種類あります。  ❶ダゲレオタイプ(Daguerreotype) ❷湿板コロディオンプロセス(Wet Collodion Process) ❸乾板コロディオンプロセス(Dry Collodion Process)                     (*詳細は下記記載のURLリンク先にて)  これらの写真技法は 150年以上前の写真発明時 最初期の写真技法であるため 「古典写真技法=クラシック・フォトグラフィー」を 好古趣味的な感覚で撮影をしていると そう捉えている方も多数居られました。
 

マテリアリズム プロジェクトが 使用する古典写真技法は全部で3種類あります。 ❶ダゲレオタイプ(Daguerreotype) ❷湿板コロディオンプロセス(Wet Collodion Process) ❸乾板コロディオンプロセス(Dry Collodion Process)                    (*詳細は下記記載のURLリンク先にて) これらの写真技法は 150年以上前の写真発明時 最初期の写真技法であるため 「古典写真技法=クラシック・フォトグラフィー」を 好古趣味的な感覚で撮影をしていると そう捉えている方も多数居られました。

 
2物質主義の再定義_写真を育てる_2.png
 

しかし そうではありません。 単なる「好古主義」ではないのです。 皆さんに本当に知っていただきたい これら写真技法の特徴 それは 写真が本来持っていた【物質的】な側面です。 【物質的】…つまりフィジカルな写真。 私たちMATERIALISMはこれらの写真技法を 《デジタル写真》の対語として 《フィジカル写真》と呼んでいます。

 
《フィジカル写真》の最大の特徴は 【寂びる】 ということです。  【寂びる】 という言葉は決して ネガティブな言葉ではありません。  私たち日本人は元来 それをポジティブな概念として捉えてきました。  そうです。  日本固有の美的概念とも言われている 「侘び寂び」の「寂び」です。
 

《フィジカル写真》の最大の特徴は 【寂びる】 ということです。 【寂びる】 という言葉は決して ネガティブな言葉ではありません。 私たち日本人は元来 それをポジティブな概念として捉えてきました。 そうです。 日本固有の美的概念とも言われている 「侘び寂び」の「寂び」です。

 
デジタルデータの写真は バーチャルな世界で生きる0と1の電気信号から成る  【触れる】ことができず 【寂びる】こともない写真です。  しかし《フィジカル写真》は 常に私たちの隣で生き続けていきます。  【触れる】ことができ 時の経過と共に 【寂びていく】写真です。  それはまるで盆栽のように 年輪を重ね表情を変えていってくれます。  ですから写真も実は「育てる」ものなのです。
 

デジタルデータの写真は バーチャルな世界で生きる0と1の電気信号から成る 【触れる】ことができず 【寂びる】こともない写真です。 しかし《フィジカル写真》は 常に私たちの隣で生き続けていきます。 【触れる】ことができ 時の経過と共に 【寂びていく】写真です。 それはまるで盆栽のように 年輪を重ね表情を変えていってくれます。 ですから写真も実は「育てる」ものなのです。

 
さて 突如出てきた耳慣れないワード  「写真を育てる」  このワードにピンと来ていない方は是非 次項をお読み下さい。  誰でも絶対に経験したことのある出来事で その感覚をご説明したいと思います。
 

さて 突如出てきた耳慣れないワード 「写真を育てる」 このワードにピンと来ていない方は是非 次項をお読み下さい。 誰でも絶対に経験したことのある出来事で その感覚をご説明したいと思います。